加賀野菜

金沢春菊

春菊には大葉、中葉、小葉の3つの品種があり、金沢春菊は葉の切れ込みの浅い、大葉種に分類されます。
肉厚でやわらかな食感と上品な香りで、くせがなく、サラダでも食べることができます。春菊が苦手という方でも、金沢春菊ならば食べられるという方も多いです。

 

春菊が石川県に入ってきたのは、加賀藩5代藩主前田綱紀時代といわれています。現在は金沢市三馬地区等で栽培が受け継がれ、露地でのトンネル栽培や、ハウス栽培も行われています。
金沢春菊は様々な栄養価をバランスよく含む、優れた野菜です。また、カロテン(ビタミンA)、ビタミンB2、C、Eを多く含み、カリウム、カルシウム、鉄、マグネシウム、銅などのミネラル類も豊富です。

金沢春菊

ぜひ生サラダで味わってほしい、金沢春菊。苦味が少なく、香味野菜のような芳醇な香りがただよう金沢春菊は、サラダのメインや和え物、鍋の具材にしても、上品で奥深い金沢春菊の美味しさが存分に楽しめます。

旬の季節 10月下旬〜4月下旬
おすすめ料理 おひたし、サラダ、春菊グラタン
LINE UP KAGAYASAI 石川県から加賀野菜をお届け

OTHER

SAKAIDA
RUBY ROMAN
宝石にいちばん近い果実。

サカイダフルーツのルビーロマンは、美味しさはもちろんのこと、巨峰の約2倍になる粒の大きさ。
鮮やかな紅色に色づいた姿は、まさに宝石に1番近いフルーツ。ちょっとした特別な日や、贈り物にも喜ばれるルビーロマン。まずは一度、お試しあれ。

SAKAIDA
KOROGAKI SAKE
未だ誰も造ったことのないお酒。

能登を代表する特産物のころ柿。冬の到来とともに、各農家で1つ1つ丁寧に手作りされるころ柿をお酒にしました。
他の果実酒では味わえない、ころ柿独特のうま味や風味を活かし、お酒が苦手な方でも飲みやすいと感じる飲み口です。この機会に、ぜひお試しください。

サカイダフルーツのオンラインショップへはこちらから!
旬でおいしい野菜、新鮮なフルーツ、ルビーロマンを贅沢に使った希少価値の高い、サカイダオリジナルワインも販売しています。