加賀野菜

ヘタ紫なす

ヘタ紫なすは、ヘタまで紫色に色づき、卵サイズの小さくて愛らしいなすです。
皮が薄く、肉質は柔らかくて甘いので一夜漬けにぴったりななすです。小ぶりな形を活かして、丸ごと調理して食べることもできます。

 

京都から北国街道をたどってやってきたものを、金沢の水はけがよく保水性の高い土地である涌波・崎浦地区で栽培し、生産量を増やしていったのがヘタ紫なすのはじまりです。
栽培が難しいヘタ紫なすは、暑さにも寒さにも弱く、病弱です。葉が茂りやすく、光を遮断するとなすにいい色がつきません。だから生産者は毎日手間をかけて葉をむしり、1つひとつに光が当たり成長するように、工夫を凝らしています。

ヘタ紫なす

名前の通りへたまで紫色のなすです。小さくころころした見た目がかわいらしく、光沢のある卵形をしています。皮も薄くて、果肉が柔らかく甘みがあるので、漬物や煮物に適しています。

旬の季節 7月上旬〜10月上旬
おすすめ料理 天ぷら、なすそうめん、オランダ煮
LINE UP KAGAYASAI 石川県から加賀野菜をお届け

OTHER

SAKAIDA
RUBY ROMAN
宝石にいちばん近い果実。

サカイダフルーツのルビーロマンは、美味しさはもちろんのこと、巨峰の約2倍になる粒の大きさ。
鮮やかな紅色に色づいた姿は、まさに宝石に1番近いフルーツ。ちょっとした特別な日や、贈り物にも喜ばれるルビーロマン。まずは一度、お試しあれ。

SAKAIDA
KOROGAKI SAKE
未だ誰も造ったことのないお酒。

能登を代表する特産物のころ柿。冬の到来とともに、各農家で1つ1つ丁寧に手作りされるころ柿をお酒にしました。
他の果実酒では味わえない、ころ柿独特のうま味や風味を活かし、お酒が苦手な方でも飲みやすいと感じる飲み口です。この機会に、ぜひお試しください。

サカイダフルーツのオンラインショップへはこちらから!
旬でおいしい野菜、新鮮なフルーツ、ルビーロマンを贅沢に使った希少価値の高い、サカイダオリジナルワインも販売しています。