金沢春菊セット

加賀野菜のなかでも、今一番人気が高騰している金沢春菊のセットです。

金沢春菊は、通常の春菊とは違い、葉の形が丸い丸葉春菊という種類の春菊です。最大の特長は、柔らかさとクセの少なさ。軽くゆでるだけで十分に食べやすい柔らかさとなります。また、若い葉であれば生でも、食べられるほどクセが少ない春菊です。

人気の加賀野菜詰め合わせセットを通販(五郎島金時・金沢春菊・加賀レンコン・金時草)

人気の加賀野菜詰め合わせセットを期間限定でお届けします!

◎五郎島金時

粘り気がすくなく、ホクホク感がたまらないさつまいもです。甘みも強いです。そのまま、ふかし芋でも美味しいですが、スイートポテトなどにも利用できます。

◎加賀レンコン

シャキシャキの食感がたまらない、レンコンです。おろすと、強い粘り気がでるので、金沢の郷土料理である蓮蒸しは加賀レンコンを使って、作られます。

◎金沢春菊

丸い葉が特徴の丸葉春菊という種類の春菊です。一般的な春菊よりもクセがすくなく、葉が柔らかいのが特徴です。鍋などにも良いですが、サラダにしても食べられる珍しい春菊です。

◎金時草

独特の粘り気が特徴の加賀野菜です。酢の物やお浸しに使われることが多いですが、おすすめは炒めものです。ベーコンといっしょに炒めて食べると、クセもなく、非常においしいです。

金沢打木 源助大根(源助だいこん)|加賀野菜

加賀野菜を代表する野菜である源助大根(源助だいこん)が今年も入荷しました。金沢の打木という地区で主に生産されています。

源助大根(源助だいこん)は、一般的な大根に比べ、太っちょで短いのが特徴です。

上の写真は通常の青首大根と源助大根(源助だいこん)を並べたものです。(上部が源助大根(源助だいこん)、下部が通常の大根)一般的な大根よりもずんぐりした形をしているのが分かります。また、茎付近が青い色をしている青首大根とは違い、茎に近い部分まで均等に真っ白な色をしています。葉の部分は、通常よりも長めに切り取られていて、新鮮な様子が見てとれます。

肉質はキメが細かく柔らかいですが、煮崩れしにくいので、おでんに最適な大根といわれています。

ただし、日持ちは良くなく、日数がたつと、表面の部分にハリがなくなってきます。早めに食べるのがベストな食材です。

【初売り販売】最高級「のとてまり」2019年販売開始

奥能登で多く栽培されている原木しいたけは、能登の気候風土に適して大きく育ち「のと115」の名で出荷されていますが、その中でも、傘8cm以上、肉厚3cm、巻き込み1cm以上という規格を満たしたものを「のとてまり」としてブランド化。のとてまりは「山のアワビ」とも呼ばれています。

のとてまりは、2019年の初競り価格でなんと25万円の値がつけられました。

現在、生椎茸は、菌床栽培の普及により、年中収穫が可能になりました。しかし、のとてまりは、原木栽培によってつくられた生椎茸です。原木栽培は、広葉樹などの原木を利用して栽培される方法です。栽培の気候条件が限られることや、栽培に手間がかかることから多くの生産者が菌床栽培に移行しています。

しかし、原木しいたけは、菌床栽培の椎茸に比べて、肉厚で食べ応えが強いです。また、原木椎茸は、強いしいたけ本来の風味を楽しむことができます。

一箱には6-8枚入りの箱1箱となります。

商品の届く様子は下の写真のような形式となります。

 

 

加賀れんこん|加賀野菜

 

加賀野菜を代表する野菜が加賀れんこんです。特徴はそのネットリとした粘質、そして噛んだときに感じるシャキシャキ感。加賀れんこんはやや小ぶりですが中身が非常に詰まりずっしりと重いのが特徴です!

 

甘い!五郎島金時さつまいも通販,お取り寄せセット

五郎島金時は他のさつまいもに比べ”ホクホク食感”、奥深い甘さと風味が特徴です。外皮は鮮明な紅色、肉色は黄白で、繊維質は少なく、甘さが強いです。加熱すると、いっそう上品な甘みが引き立つので、さまざまな料理に活用できます。なお、五郎島金時の独特の”ホクホク食感”を金沢の言葉では”コボコボ”と表現します。

五郎島金時の集荷場の様子です。五郎島金時は、大きさや形、見た目等で様々な等級にわけられます。当社で販売五郎島金時は、形、見た目ともに上級とされるもののみを販売しております。

五郎島金時は、五郎島さつまいも部会の方々に支えられています。自然な甘みと独特のホクホク感が特徴である五郎島金時は、生産農家の方々に支えられています。五郎島金時の掘り起し作業は、機械で行われますが、最後の収穫作業自体は、全て手作業で行われます。